企業情報

会長挨拶

食品・医療分野で幅広く使われるステンレスサニタリーの専門企業として社会や生活を支え続けます。

抽冬 正二

当社の製品は高度な医療分野や食品、飲料メーカーで使われています。直接的に目にすることはなくても、
幅広い分野で私たちの食や医療に大切な「安全」「安心」を支える企業として社会に貢献することを目指しています。

そのためには“品質を重視する”、JIS規格のパイプを自社内で一貫製造できる設備を整え、
製管から電解研磨まで厳しい品質管理のもと製造しています。
徹底した品質管理と時代のニーズにマッチした設計・製作を行うべく、社員一同さらに一層の技術研鑚に励み、
お客様各位のご要望に応えるべく日夜努力しています。

海外の製薬企業はすでにステンレスサニタリーの価値を理解しているケースもありますが、
国内ではなかなか着目されませんでした。今後は、パイプ内を通る薬品が変質しにくく、
高品質で耐久性が長期間保たれるステンレスサニタリーの優れた特性もアピールして
いかなければならないと考えています。

取締役会長
抽冬 正二

会社概要

会社名 協和ステンレス株式会社 [ KYOWA STAINLESS CO.,LTD. ]
代表取締役 代表取締役 抽冬 裕文
従業員 91名
設立 昭和61年5月
資本金 2,000万円
取引銀行 紀陽銀行 泉ヶ丘支店
近畿大阪銀行 深井支店
三菱東京UFJ銀行 河内長野支店
大阪信用金庫 和泉支店
日本政策金融公庫 堺支店
関西アーバン銀行 岸和田支店
伊予銀行 堺支店
南都銀行  和泉支店
みずほ銀行 堺支店
営業品目 (1)ステンレス鋼・サニタリーパイプ、継手、ポンプ、バルブ等の製造・加工・販売
(2)多管式熱交換器、各種容器、自動省力化機器等の設計・製作・据付
(3)サニタリー配管工事の設計・施工、バリデーション業務
(4)自動搬送機(コンベアー)等の設計・製作・据付
本社工場 〒594-1144
大阪府和泉市テクノステージ3-7-5
TEL:0725-53-0188(代)
FAX:0725-53-0387
第二工場 〒594-1144
大阪府和泉市テクノステージ3-5-8
テクノ工場 〒594-1144
大阪府和泉市テクノステージ1-3-20
TEL:0725-90-6885
東京営業所 〒134-0085
東京都江戸川区南葛西4-1-2
TEL:03-5667-3900
FAX:03-5667-3901
静岡営業所 〒424-0114
静岡県静岡市清水区庵原町548-1
TEL:054-363-1100(代)
FAX:054-363-1113
九州営業所・工場 〒818-0131
福岡県太宰府市水城2-11-8
TEL:092-924-9101(代)
FAX:092-924-9187

沿革

昭和52年12月 協和ステンレス商会として操業開始
昭和61年5月 協和ステンレス株式会社設立 資本金500万円
平成4年11月 資本金1,000万円に増資
平成8年9月 資本金2,000万円に増資
平成9年4月 ワンタッチ式PL-H型配管用高圧クランプの開発。意匠登録済
平成10年4月 千葉営業所(千葉県袖ヶ浦市)を開設
平成12年1月 多管式熱交換器用パイプ成型機開発。意匠登録済
スパイラルチューブ成型機開発。意匠登録済
平成13年10月 静岡営業所(静岡県静岡市)を開設
平成14年7月 パイプおよび熱交換機。特許取得
平成14年10月 九州営業所(福岡県太宰府市)を開設
平成16年1月 北関東営業所(群馬県前橋市)を開設
平成17年5月 電解研磨設備(本社工場)操業
平成17年7月 ISO9001認証取得(本社工場)
平成17年9月 NO1造管機(2インチ)操業
平成17年11月 本社工場を和泉市に移転
平成18年3月 NO2造管機(4インチ)操業
平成19年8月 千葉営業所を閉鎖し
東京営業所(東京都江東区)を開設
平成20年7月 造管部門JIS表示許可工場の認定取得
JIS G3447、NO JQ0508069
平成20年9月 和泉市にテクノ(フレア加工)工場建設・操業
平成23年12月 レーザーマーキングシステム導入
平成26年11月 和泉市にテクノ工場取得・操業に伴い前テクノ工場を第二工場に改める。
平成28年5月 東京営業所(東京都 江戸川区)を開設 事務所兼倉庫を開設し、江東区の東京営業所を閉鎖。
平成28年10月 代表取締役社長に抽冬 裕文が就任し、抽冬 正二が取締役会長に就任。